読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっくりことこと煮込んだ私

日々適当に仕事と生活をこなしています

思いつき

ひとりごと

なんでか知らないんですけど、子供の頃、家で一束の刺繍糸を見つけたんですよ。

 

我が家は割りとハンドメイドする家で、例えば母は私の幼稚園のお遊戯会にお姫様ドレスを縫ってくれたり、親戚の結婚式に姉妹でお揃いの礼服を縫ってくれたり、と日常使いではないちょっとした催しの際に手をかけてくれました。まあ今と違って、可愛い幼児用ファストドレスブランドなんて無かったので、作るしかなかったのかも。

ソファーカバーやシーツ、カーペットカバーも手作りだったかな。これは祖母が作ったものもあり。

姉は手先が器用で、かぎ針のレース編みで可愛い髪飾りやシュシュを作ったり、毛糸のマフラーを編んだり、は小学校低学年の頃からやっていました。成長につれマフラーはブランケットになりカーディガンになりセーターになり…。

私は裁縫系は不器用で駄目でした。編む系は編み目が悪いし縫う系は縫い目が悪いし(  ^∀^)でもハンドメイドに憧れがあって、余った端切れや捨てる服をから切り出した布なんかをよく集めていました。

 

ある日私は刺繍糸を見つけまして、まあそのとき姉も母も刺繍はしていなかったので、昔誰かが刺繍にハマってたのかなーよし貰おう!で速攻着服しました()

赤青黄色、結構色々な色が揃っていて綺麗でした。早速刺繍やってみよーって、ちくちく糸でお絵かきは予想通り速攻で飽きました。だって上手に出来ないんだもの。

 

なんかまたやりたくなってきたので、年末実家に帰った時にでも探してみようかな。

どっかで埃被ってる気がする。